毛穴の黒ずみには泥が決め手

毛穴の黒ずみには泥が決め手

ちよ 28歳

前から鼻の黒ずみが気になって気になって仕方なくて、毛穴パックで一気にビッシリ取ったりしていたのですが、いつの間にか取っても取りきれない完全ないちご鼻になってしまいました。

毛穴自体が大きくなってしまって、角栓が溜まるようになってしまったのです。

スクラブやピーリングを使いすぎたのがいけなかったのかもしれない、と思い、とにかく肌に負担をかけない方法で汚れを取ることを意識しようと思いました。

まず洗顔の前に、レンチンした蒸しタオルでゆっくりと毛穴を開きます。

そしてよく泡立てた洗顔料(私はガスール洗顔料の「ツルリ」を使っています)で丁寧に洗っていきます。

ツルリは少しだけスクラブが入っていますが、泡立ててから使えばゴリゴリ肌に刺激を与えたりはしないので安心です。

ガスールの泥がきれいに黒ずみを取ってくれるので、洗顔後は驚くほど肌が白く見えるようになります。

ミントのようなさっぱりした香りも気持ちいいし、カミソリのすべりもよくなる気がします。

汚れがきれいに取れたからか、古い老廃物がなくなったからか、洗顔後の化粧水の吸い具合もかなりいいです。

これを毎日続けていたら、ガンコな角栓・黒ずみが少しずつ消えてきました!

注意点としては、蒸しタオルで毛穴を開いているので、きちんと冷水や冷やした化粧水で引き締めて毛穴を閉じること。

それと、保湿はしっかりしないといけないのですが、油分が多くなりすぎないように、乳液はつけすぎないように気をつけること。

同じ理由で、クリームは冬場以外は封印しています。どうしてもつけたい時は、鼻などのテカりやすい場所には控えめに。

毛穴パックやスクラブ・ピーリングなどに頼っていると、それらを封印するのは心細いかもしれませんが、やっぱりスキンケアの基礎は洗顔なんだなと思い知りました。できる限り地道に続けていきたいです。

そうはわかっていても、仕事で遅く帰ってきて疲れていると化粧を落とさずに居眠りしてしまったりするのですが。。。

関連記事

Copyright (c) 2014 どろあわわは洗顔ジプシーの救世主になるのか? All rights reserved.